不倫相手が奥さんと離婚しない理由と原因は?

今は不倫という関係でも早く彼に離婚して欲しい、そんな女性の願いとは反対になかなか彼が離婚をしてくれない事ってありますよね。
一体彼は何故離婚をしてくれないのでしょうか?
今回は彼が離婚をしてくれない理由についてお話ししたいと思います。

 

 

そもそも離婚をするつもりが一切ない

彼も離婚を望んでいる、そう女性に思わせるようなセリフを口に出すのは彼の単なるリップサービスだったというパターンがあります。
本気モードの女性を手放したくないばかりに、期待させるようなセリフを言っているだけというパターンです。

 

この場合男性は不倫を単なる遊びと考えているので、離婚する気はさらさらなく、女性があまりにも離婚を追求するようであれば奥さんとの関係ではなく不倫関係を終わらせる事を選択するでしょう。

 

お調子者タイプの男性や口が上手いプレイボーイタイプの男性に多いので、彼が口だけで言っているのかどうかを見極める必要があります。
この手のタイプには離婚は望めないので諦めて遊びの関係を楽しむか、彼との不倫を終わらせるか判断した方が良いでしょう。

 

 

奥さんが怖くて離婚出来ない

表面上は不倫相手に対して亭主関白のように振る舞っていても、実は奥さんには一切頭が上がらないという男性も多いです。
離婚をしたいという気持ちはあるものの、奥さんに離婚を打ち明ける事自体が恐れ多くて話せないのです。

 

この手のタイプの男性の場合、奥さんが気が強い女性が殆どなので、実際に離婚を言い渡しても奥さんが納得してくれるわけがない、納得したとしても大金の慰謝料を請求されるんじゃないかという事が想像出来るので、離婚を言い出す事が出来ないのです。

 

奥さんを恐れる男性を離婚に踏み切らせるつもりならば、奥さん以上に彼を引っ張って離婚に誘導するしかありません。

 

 

離婚を言い出すと不倫が疑われると思っている

いつかは離婚がしたい、そう思っていてもなかなか踏み切る事が出来ないのは、決定的な離婚理由が思いつかない場合があります。

 

不倫する前から明らかに夫婦中が悪かったり、奥さんに問題があったりすれば離婚は切り出しやすいのですが、なんとなく仮面夫婦で生活していたり、奥さんには何の問題もなかったりする場合、男性が急に離婚を言い出すのは不自然です。

 

奥さんの頭に過るのは女性の存在でしょう。

 

男性なら不倫がバレる事なく平和に離婚したいと思うのが当然ですから、なかなか離婚を言い出す事が出来ないのです。
この場合離婚理由がはっきりすれば彼も離婚を決意してくれるでしょうが、なかなかそのタイミングを待つとなると長い期間が必要になるかもしれません。

 

 

慰謝料や養育費を払いたくない

要はお金の問題です。奥さんには気持ちがなく、すぐにでも離婚をしたいと思っていたとしても、自分から離婚を言い出したら慰謝料や養育費を支払う可能性が高くなります。

 

お金を払ってまで離婚をしたくないというのが彼の本音です。

 

もしも不倫の事がバレた場合には更に高額な慰謝料を請求されてしまうので、その危険性も避けたいのです。

 

運よく奥さん側が離婚を言い出してくれるか、不倫相手である女性から金銭的援助でもない限り離婚には踏み出せないでしょう。

 

 

子供の事が気になる

子供がいる男性限定になりますが、奥さんへの気持ちは全くなくても、子供を愛する気持ちは人一倍というパターンはよくあります。
子供がまだ成人前の場合、離婚をしたら子供がかわいそうではないかという思いから離婚に踏み出す事が出来ないのです。

 

親権が奥さんに取られてしまった場合、子供に会えなくなる事を考えると離婚に踏み出せないという男性も多いです。
子供への気持ちは親にしか分からない事ですから、こればかりは彼の離婚を急かす事は難しいかもしれません。

 

 

おわりに

彼が離婚してくれない理由にもいろいろな理由があるようです。
口先だけではない彼の本心を探ってみましょう。

不倫体験談