旦那と離婚して不倫相手と結婚して幸せになれる?

既婚者で夫の他に子供までいる女性が不倫関係に走ってしまうこともあります。
現在の家庭には自分にとって満たされない何かがあり、不倫相手といることでその不満が解消されるというケースが多いものですね。

 

それではいっそ夫とは離婚して不倫相手と晴れて再婚するという選択肢もあります。
不倫相手と再婚して果たして幸せになれるのか、そうでなのかをシチュエーション別に考えていきましょう。

 

 

不倫相手と再婚して幸せになれる場合

 

・相手の男性に経済力がある場合

 

結婚をする上で男性の経済力は非常に大切です。
あなたが子供を連れて再婚する場合、相手の男性に十分な資産や収入があれば、全てを投げ打って思い切って彼の元へ飛び込んでも生活の心配をせずに、幸せになれることでしょう。

 

・慣れた生活範囲である場合

 

再婚相手が遠い地方の人で、再婚後にそちらで暮らすことになると、見知らぬ土地に馴染めず孤独な日々を送ることになります。
再婚後にも仕事を続けることができて、暮らし慣れた生活圏内に住み続けることができれば、問題なく幸せになれることでしょう。

 

・彼の親戚が協力的な場合

 

不倫の末離婚、再婚したとなると、彼のご両親を始め親戚に良い印象を持って貰えるかが重要になります。
彼の両親が理解を示してくれて親切にしてくれることで、一族に迎え入れて貰えたという気持ちになれます。
将来的に再婚して良かったという気持ちになれるでしょう。

 

不倫相手と再婚して幸せに慣れない場合

 

・彼の収入が不安定な場合

 

あなたの夫から慰謝料を請求されてしまい、その支払いが負担になってしまうこともあります。
彼が安定した仕事に就いていない場合、たとえ50万円でも経済的に苦しくなり、それが原因で折角再婚しても不仲の原因になってしまうこともあります。

 

・お互いの職場に知られてしまい、退職しなければならなくなった場合

 

不倫をしていることが相手の男性の会社にバレてしまい、職場にいずらくなるということもあります。
あなたが仕事を持っていた場合には、名字が変わることになりますので、やはり世間体を考えても転職する人が多いでしょう。
お互い一時的にでも仕事がなくなると、精神的にもイライラするものです。
この時期を乗り越えられないと、幸せになることはできません。

 

・子供がなついてくれない場合

 

離婚して再婚することによる最も深刻な悩みが、子供を引き取った末、なついてくれないというケースです。
相手の男性に忍耐力がなく、暴力を振るってしまうこともあり、児童相談所へ保護されてしまうこともあります。
子供のことは第一に考えないと幸せにはなれません。

 

 

まとめ

家庭を持っている女性が不倫をする時には、今の自分の生活において幸せな部分は何なのか、不満な部分に関して不倫以外に解決方法はないのかを考えてみることも大切なのではないでしょうか。

不倫体験談