彼氏の嘘で結局不倫?!本当は妻子持ちだった

独身男性だと思って付き合っていた彼が実は妻子持ちだった、そんな衝撃的事実を知ってしまったらどうしたら良いのか分からなくなってしまいますよね。

 

妻子がいると知っても大好きな彼だという事は変わらない事実です。
彼に妻子がいた場合、どんな問題点があるのか、どうすれば良いのかをお話しします。

 

 

付き合いを続けるにあたっての問題点

彼に妻子がいたとしても、彼を愛しているという事実は変わりませんが、問題点は気持ちの部分ではありません。
妻子がいる人と付き合うという事は不倫をしているという事です。この時点で女性へのリスクが大きい事を示しています。

 

「好きだから不倫でもいいか」と軽い気持ちで付き合いを続けてしまうと取り返しのつかない後悔をする可能性があるので、自分が納得の出来る判断をする必要があります。

 

第一に問題点として考えられるのは、万が一奥さんにバレてしまった場合彼だけでなく、自分自身も大きな責任を負わなければならなくなります。
高額な慰謝料を請求される可能性が高く、不倫の事実が両親や友人、職場の人間にバレて社会的信用を失う羽目になるかもしれません。

 

 

次に考えられる問題点は、彼との結婚や子供をそう簡単には望めなくなるという事です。
彼には既に妻子がいるから良いですが、結婚や出産を夢見る女性にとって不倫という関係は時間のロスになるのが確かですし、彼が離婚をしてくれない可能性も勿論あります。

 

絶対に離婚をして自分と結婚してくれるという根拠の無い自信は持たない事が大切です。

 

最後に問題点として考えなければならない事として、必ず人を不幸にするという事があります。
妻子がいるという事がは、自分だけでなく、彼の事を愛している人間が奥さんであり、子供達であるという事です。

 

彼と不倫関係になるという事は奥さんや子供達に辛い思いをさせる可能性が大いにあります。
少しでも良心が痛むのであれば、彼の事は諦めましょう。

 

 

付き合いを続ける選択を選ぶ場合

彼の事を愛しているから不倫という関係でも付き合いを続けていきたい、そう選択するのであれば、あらかじめ不倫に対する覚悟が必要です。
妻子がいる事実を知る前までは、彼が誤魔化しながら上手く付き合っていけたのでしょうが、妻子がいる事を知った今となっては彼とはいわば共犯の関係です。

 

つまり彼だけでなく、自分自身も不倫関係がバレないように注意したり、我慢しなければならない事が増えるという事なのです。

 

最初から不倫だと分かりながら付き合いを始めたパターンと違い、不倫の刺激を楽しむ事は出来ないのも一つの難点ですが、苦労する事だけが全てではありません。

 

妻子がいる事を隠していたという彼の本音は「妻子がいると知って離れていかれるのが嫌だった」という事ですから、それだけ本気だったという事です。
彼から向けられた愛情を信じ、彼についていくつもりでいましょう。

 

 

付き合いを諦める選択を選ぶ場合

彼の事は愛しているけれど、不倫する事は出来ない、そう決断する事もあるでしょう。
この選択をした場合、気を付けたいのが彼の存在です。

 

素直に別れを認めてくれれば良いのですが、想像以上にしつこくされたり、別れを認めてくれないという可能性もあります。
最悪の場合は第三者に相談し、きっちりと別れるようにする必要があります。

 

別れた後は必要以上に彼との接点を持たないようにしないと、後からトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
妻子がいると知らされていなかったのですから、自分は騙されていたんだと自覚してその後の関わりを減らすのが無難です。

 

 

おわりに

最初から妻子がいると知っている場合と違うのは、心の準備の必要性です。
自分が本来彼に何を望んでいるのかを考え、決断するようにしましょう。

不倫体験談