裏切られた?交際中の不倫相手の彼氏に,,,

不倫をしていると、不倫相手と逢っている時は幸せだけど、時として不安を感じてしまいますね。
時には不安どころか相手に裏切られたと感じる瞬間もあることでしょう。
それはどういった場合か、挙げてみたいと思います。

 

 

相手の家族の誕生日には逢えない

相手の家族の誕生日や記念日などには、相手があなたと逢うことはないでしょう。
当然だと思っていられるうちは良いのですが、相手があなたに優しければ優しい程、自分を一番に想って欲しいという気持ちが強くなってしまうのも、また自然なことです。

 

ふとしたことで、相手と逢えない理由が相手の結婚記念日や奥さんの誕生日などであることを知ってしまったら、どうしても裏切られたと感じてしまうのは仕方ないことかもしれません。

 

 

クリスマスやお正月に逢えない

クリスマスもお正月も、若い人にとってはとても大事な日です。
でも、そういった日ほど、不倫関係の場合は相手と逢うことが出来ません。

 

恋人同士には誕生日に次いで最も大切な日と言っても良いクリスマスですら、相手と2人だけで過ごすことは出来ないことが殆どでしょう。
その日、相手はケーキをお土産に家族の元に帰って行くことでしょう。

 

お正月も初日の出を一緒に拝んだり、初詣に行ったりすることは叶いません。

 

元旦から家族や親族と過ごさず、あなたの元へ行くなどと言うことは、相手に家族がいた場合出来る訳がありません。
日頃あなたを一番に想っていると言われれば言われるほど、このような機会に裏切られたという思いがしてしまいますね。

 

 

自分の記念日に逢えない

一番ショックなのは、あなたの誕生日や2人の記念日に、家族の行事が入って一緒に祝ってもらえない場合でしょう。
家族にお祝い事がある、または急病に罹ったといった突発的な理由で、折角のあなたの誕生日に一緒に過ごせないと言われば、仕方がないことととは思いつつ、やはり自分は一番に想われていないのだと現実を突きつけられる思いでしょう。

 

 

裏切られたという感情

裏切られたと感じるのは、不倫関係とはいえ、相手があなたを一番に想ってくれているはずだという自負があるからです。
しかし、相手に家族よりあなたを優先する気がないのなら、例え結婚をほのめかされても、それは当てにはなりません。

 

奥さんとのことに決着を付けてからということを言われるかもしれませんが、1年以上経過しても事情が変わらなければ、相手に誠意があるとは言いかねます。

 

おわりに

裏切られたと感じるのは辛いことです。
でも、それが不倫の現実の一面でもあるのです。

不倫体験談