既婚者男性から不倫相手に選ばれる?告白されたらどうすべきか

世の中にはさまざまな形態の恋愛がありますが、既婚者による恋愛・不倫というパターンは多くあるものです。
特に男性の場合、既婚者にもかかわらず配偶者以外との恋愛を楽しみたい人の割合は少なくありません。

 

今回は、そんな既婚者の男性からアプローチされたときの対処法について紹介します。
不倫をしたくなくて断る場合、そして受け入れる場合それぞれの対処法について紹介します。

 

拒否する場合の理由について

まず、アプローチを拒否する場合です。

 

そもそも不倫をしたくないことを伝えるのが効果的ですが、相手が職場の人間や仕事で携わる人間だと、嫌悪感を抱かれたと思われ今後の態度に響きます。

 

関係を気まずくさせないためには、恋人がいるという理由で断るのが最もスムーズです。

 

断る原因が彼ではなく、自分の状況が理由となることがポイントで、悔恨なく拒否することができます。
それでもしつこくアプローチする場合、身近な人に相談することをおすすめします。

 

 

受け入れる場合について

既婚者の相手からのアプローチを受け入れる場合は、通常の恋愛と同様に承諾します。
注意点としては、都合のいい女にならないようにすることです。

 

すぐに受け入れるのではなく、少しの間迷ったり渋ったりして、相手の気をひくことも大切です。

 

人は簡単に手に入れたものよりも、苦労して時間をかけて手に入れたもののほうが愛着が湧くものです。

 

 

受け入れる場合の注意点とは

不倫は通常の恋愛とは異なります。
付き合い始めのときにいくつか決まりごとをつくることをおすすめします。

 

例えば連絡の頻度や会える回数についてよく確認したり、配偶者や周りの人にばれないようにすることなど、いくつか決まりごとをつくっておくようにします。

 

相手にとって単なる都合の良い女にならないように、条件をきちんと提示するようにしましょう。
また、不倫が続くうちに熱くならないようにしましょう。

 

家庭のある人物と付き合うと決めたのは自分です。
重い女性にならないように、他に未婚者の恋人をつくることもおすすめです。

 

 

おわりに

既婚の男性と未婚の女性が付き合う場合、未婚の女性のほうが寂しい思いをしやすく、不倫関係が終わったときに虚しさを感じることが多いようです。
しかし基本的に恋愛は本人の意志でするものなので、よく考えた上で恋愛を楽しむようにしましょう。

 

不倫を拒否する場合も、相手との関係を悪化させないように顕著に拒否するのではなく、上手に断るようにしましょう。

不倫体験談