好きだけど辛い!不倫の恋を終わらせる方法

不倫の恋はお互いが楽しんでいる間なら楽しいものですが、どちらかが一方的に燃え上がったり、家庭を捨てて一緒になってと迫られるなど、利害が一致しなくなると途端に関係は崩れてしまいます。

 

その中でも、別れるといいながら一向に別れてくれなかったり、相手が自分に執着しすぎて自分の彼氏や夫にバレそうになるなど、もう辛すぎて一緒にいれないと感じたら、別れを選択することも仕方ないことでしょう。

 

そこできっぱりと不倫相手との別れ、つまり決別する方法をアドバイスします。

 

手始めに連絡を絶ってみる

妻や不倫相手に後ろめたい感情があるので、会っている時は優しいから男性側に主導権があるように思えますが、実際には不倫の恋は、独身者が主導権を握っています。

 

男性側に後ろめたさがあるからこそ、別れようと決めたら案外あっさりと向こう側から身を引いてくれます。

 

恋愛もそうですが、不倫の恋は相手に奥さんや彼女がいる限り、自分の所へ男性が留まってくれる可能せいは残念ながら低いでしょう。

 

それでも一緒にいたい人はいいですが、自分の幸せを考え独身男性との恋愛を始めるなら、手始めに不倫相手との連絡を絶つことが一番です。

 

相手へ未練があるのは当たり前のことですが、連絡を絶って寂しくなり、メールなどで連絡を取ってはいけません。まだ好きだからこそ、情に流されまた元の関係に戻ってしまいます。

 

連絡を絶つ前に、電話やメールで「他に好きな人ができた」「独身の人に告白・プロポーズされたからもうお付き合いできない」「私が幸せになるのを邪魔しないで欲しい」としっかりくぎを刺しておきましょう。

 

連絡を絶っても、一方的に「お前じゃなきゃダメなんだ」とメールが来ても、相手にしてはいけません。
彼が奥さんと離婚してまであなたに方へ来ないのが、自分の身を守りつつ、あなたを苦しめている要因のひとつなのです。

 

不倫相手と別れて独身の男性と改めてお付き合いしてみると、奥さんにバレるのを気にしなくてもいい、比較的好きな時間に会えるなど、今までとは違った自由さに幸せ感が倍増します。

 

 

別れるまでの期限を決めてお付き合いをする

不倫の恋で一番辛いのは、「先が見えないこと」です。

 

普通の恋愛なら結婚というゴールがありますが、不倫は真剣になっても何のゴールも保障もありません。

 

不倫相手にとっては、恋も生活も充実しているでしょうが、あなたはただ彼の事を想うことしかできませので、その事を考えるだけでも辛い気持ちがあふれてきます。
そんな気持ちに区切りをつけ、彼との本気の恋愛がしたいのならば、不倫の恋に有効期限を付けることをオススメします。

 

付き合いはじめて一年になるのならば、自分の元へ来てくれないのならば別れると、彼に有効期限付きの不倫だという告知をして下さい。

 

彼に言えない場合は告知をする必要はありませんが、告知をしておいた方が相手にもプレッシャーになりますし、相手も覚悟しやすく、期限までにどのようにして別れるかという事を考えやすいですし、こう言っては悪い女になってしまいますが、他の独身男性を探す準備期間にも利用できます。

 

おわりに

不倫関係は、許されない恋であるがゆえに燃え上がりますが、主導権を持っている方が冷めてしまうと、案外あっさりと終わってしまいます。

 

不倫の恋で学んだ経験を、あなたのこれからの恋愛に活かしていけるよう、応援しています。

 

 

 

不倫体験談