不倫の末離婚して再婚する場合幸せになれるのか

不倫の恋は成就させることは難しい、世間一般ではそのように言われています。
ただし、中には不倫の末に再婚するケースも存在しています。
今現在不倫中の方は、不倫の末の再婚で幸せになれるのか、その点が気になるのではないでしょうか。
今回は不倫を得ての再婚で幸せになれるのか検証してみたいと思います。

 

 

不倫は逃げの結果

 

不倫に走る理由は色々とあります。
その中には、夫婦関係が冷え切っていたり、相手からの暴力や束縛など、どう見てもその時の配偶者にも問題があるというケースも多く存在しています。

 

つらい結婚生活を送っていれば、別の異性に気持ちが向いてしまうことを責めることはできません。

 

 

ただし、そのような問題はどこの家庭でもあり得ることでもあるのです。

 

世のご夫婦は、話し合いを持ったり、それでも解決できない場合には離婚という形で区切りをつけていきます。

 

不倫をするということは、夫婦間に横たわっている問題から逃げ、自分で問題を解決しなかった結果でもあります。
このような性質は、たとえ再婚したからと言って変わるものではありません。

 

結婚後、同じような問題に直面したとき、前回と同じように不倫に逃げる事は想像に難くありません。

 

 

世間からの目

世間一般では、不倫は道徳的に許されないものという認識がなされています。

 

そのため、不倫の末に結婚できたとしても、自分の親や友達、さらに相手の親や友人に祝福してもらえないケースも多いのです。

 

特に再婚相手の男性に子供がいたとき、子供を捨てて不倫に走った親、子供から親を奪った女として、周りから厳しい目が注がれることになるでしょう。

 

今まで多くの友人に恵まれていた方も、再婚を機に多くの友人を失ってしまうことも覚悟しなければなりません。

 

 

のしかかる慰謝料

不倫相手の男性に子供がいた場合、必ず養育費を払う義務がうまれます。

 

これは子供の未来を考えるうえでも必ず払う必要があります。

 

またこれとは別に、不倫の慰謝料として元妻にお金を払い続けなければなりません。

 

相手との甘い新婚生活を夢見て結婚したはずが、毎月の支払で生活は困窮、家も子供も持つことができず夫婦間の争い事が尽きない、そんなケースも多いのです。

 

終わりに

不倫中には相手とどうしても一緒になりたいと強く思います。

 

ただし実際に結婚してみると、自分で思い描いたような生活とは真逆の生活が待っていることも珍しくはありません。

 

不倫相手との結婚を考えたときには、不幸になっても一緒にいられる覚悟があるのか自分自身に問いかけてみる必要があります。

不倫体験談