不倫のルール?泥沼にはまる前に決めることとは?

どちらか一方が既婚者であったり、お互いが既婚者同士である恋愛の事を世間一般では不倫と呼びます。
堂々とデートが出来ないと言う事や、知り合いに公言できないと言うデメリットを除けばお互い気持ちが通じ合っている限りは、普通の恋愛となんら変わりは無いのです。
既婚者であっても誰かを好きになってしまう事は良くあります。
まずは不倫をする前にしっかりと考えを持っておく事が大事です。

 

ゴールを決めない

一般的な恋愛の場合は、ゴールに結婚と言う二文字がお互いの頭にあります。
ところが不倫関係の場合は既婚者が離婚しない限りは結婚にこぎ着く事は無いのです。

 

あくまで気持ちと身体の関係と割り切って考える事や、2人だけの秘密の恋愛としていかに胸にしまっておけるかが成功の鍵となります。

 

決して2人のゴールを見つける事に焦らないと言う事をまず考えておくべきです。

 

 

既婚者の家族に嫉妬しない

これは不倫関係を続ける上でもかなり重要な事なのですが、男性が既婚者で女性が独身の場合は何かと男性の妻に対して嫉妬心を持ってしまいがちです。
自分がなれなかった妻と言う立場に居座っている事が腹立たしく思える事もあるのですが、妻に対抗心を抱いたり妻の悪口を言うなどの事をしてしまうと、男性は引いてしまう事があります。

 

反対に女性が既婚者の場合やお互いが既婚者であっても同じことが言えるのですが、家族への嫉妬心を持ってしまう事で良い関係が壊れてしまう事もあるので、不倫をする前にはこのような考えはきっぱり捨てましょう。

 

ルールを守れるか

不倫は知られてはいけない恋愛でもあるのですが、その分お互い濃密な関係を築く事も出来ます。
ただしそのためにはいくつかのルールを設ける事が大事なのですが、まず第一に自分の存在を相手の家族に知られないように心掛ける事です。

 

不倫を始める事で思わぬリスクもしょい込む事になるのですが、相手の家族に知られた場合はまさに泥沼になる事もあるのです。

 

デートの時間もきっちり守る事や、休日には誘わない、またメールや電話の証拠になるものはすべてすぐに削除するなどの配慮をする事で、長く不倫関係を続ける事が出来ます。

 

不倫を始める前にはしっかり最初に考えておくべき事がいくつかあるのですが、長く良い関係を保つには安易に始めるよりも自分なりに考えやルールを持っておく事が重要です。
ゴールを決めずに濃密な時間を共有すると言う恋愛はまさに不倫の醍醐味です。

不倫体験談