不倫相手との出会いは?不倫がはじまるきっかけ

不倫を始めるキッカケのパターンは、その人の置かれている状況によって変わってきます。
独身女性の場合には、職場で上司を好きになって、というパターンがもっとも多いようですが、では、既婚女性が不倫やW不倫を始めてしまうきっかけには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

仕事に復帰する、パートをはじめる

やはり世界が広がると、気持ち的にも開放的になってしまうものなのでしょうか。

 

仕事を再開したり、新しくパートに出るようになったりすると、男性との出会いの機会が増える上、仕事復帰のタイミングは「子育てが一段落した」ときと重なっていることも多いので、「子どもが恋愛の障害にならなくなる」ということがさらに不倫を後押しするようです。

 

帰宅が遅かったり、飲みに行ったり、ということも「仕事で」といえば夫に勘ぐられないですむので、男性の誘いにのりやすくなるということもあります。

 

SNSから恋愛に発展する

主婦という障害をものともしないのがSNSを通じての交流です。

 

もちろん派手にやれば、自分や相手の配偶者にバレてしまう危険もありますが、知り合ってから意気投合→本格的な不倫へ、となるスピードは、SNSをきっかけにしていると非常に早いという傾向があります

 

また、以前は不倫が始まるきっかけの上位常連だった「同窓会」がSNSにとってかわっているという現状もあります。
SNSの中でも利用者の多いFacebookは、出身学校を登録していると、次々つながることができる仕様になっているため、昔気になっていた彼とも、ブランクをものともせず、すぐに関わりをもつことができ、そこから2人で会う約束をして……、となるわけです。

 

 

夫の不倫が発覚する

いわゆる「あてつけ」です。

 

夫の浮気に薄々感づいても、問いつめる勇気がなかったり、離婚を言い出されるのが怖くて行動できなかったりするタイプの方に多い不倫のきっかけです。

 

この場合は恋愛というより、すぐにでも誰かとつきあいたいという気持ちが大きいため、出会い系や不倫専用のSNSを利用する人も多いのが特徴。
1度か2度の関係で終わることもあれば、きっかけは出会い系でも、本気の恋愛にのめりこむ人もいるなど、その後のパターンはさまざまです。

 

おわりに

SNSの登場をきっかけに、不倫する人の数は増加しているという話もありますが、SNS以外にも不倫のきっかけは、たとえ既婚女性であってもいたるところに転がっています。
それを拾うも拾わないも本人次第、ということになるのではないでしょうか。

不倫体験談