別れたくない!不倫相手と長く付き合い続ける方法

不倫は良くない事だと誰もが分かっていますよね。でも好きになってしまう気持ちは止める事ができません。
また好きになってはいけないと思えば思うほど、火が付いてしまう事ってありますよね。
不倫であっても、好きな人とはいつまでも長く一緒にいたいもの。
どうすれば、不倫でも長く付き合えるのか?それにはある程度ルールを決める事が大切です。

 

自分未婚:相手既婚

ルール1:相手が休日の日は電話・メールしない
ルール2:結婚は望まない
ルール3:相手の家庭の話はしない

 

難しいルールですが、このルールさえ守れれば、このパターンがいつまでも長続きする関係が続けられます。

 

なぜなら、ルールを守るのが自分だけだからです。

 

これって不公平だと思いますか?
でも、好きな人と長く一緒にいたいのなら努力しましょう。

 

自分既婚:相手既婚

ルール1:会った時の帰宅時間を毎回最初に決める
ルール2:会った時に次回会う日にちを必ず決め、むやみに連絡を取り合うのをやめる
ルール3:どうしても連絡が必要な際は日中にメールでする

 

既婚者同士の場合、どうしても自由になる時間が限られてきます。
そのため、電話やメールを使って連絡をとりがちですが、これでお互いの夫、妻にバレてしまい大変な事になるケースが多いようです。

 

ですから、むやみに連絡をとるのはやめた方が良いでしょう。

 

その代わり、会った時には連絡を取らなかった分燃え上がると思います。

 

自分既婚:相手未婚

ルール1:相手に自分の家庭の話はしない
ルール2:連絡はメールのみにする
ルール3:相手に会う日を定期的にするのが望ましい

 

実はこのパターンが一番長続きをさせるのが、難しいです。
なぜなら、相手がなかなかルールを守って行動してくれないからです。
そんな彼に初めのうちは愛を感じる女性も少なくないようですが、度が過ぎると夫にばれたりその前に自分自身が疲れてしまう事もあるようです。

 

また、時間に都合のつく方は相手に会う日にちを決めてしまうのも良いでしょう。
例えば、習い事や女性同士の定期的な食事会などとすれば、夫にも怪しまれずにすみます。

 

 

以上が不倫をしていく上で、大切なルールです。

一見簡単そうですが、なかなかこのルールを守るのは大変です。

 

しかし、その夫・妻となる人を傷つける権利は誰にもありません。

 

バレなければよいとゆう問題でもありませんが、自分たちが長く付き合っていくためにもある程度の我慢は必要ですよ。
またその我慢が2人の関係にとってよいスパイスとなると1番良いですね。

不倫体験談