不倫相手と会えない時に注意するべき事

多くの女性が、不倫をしている最中に不倫相手に会えないことに不満を持ったことがあるようです。
普通の恋愛とは状況が違うので、会いたいときに会えないということもありえます。
また、最初の頃は頻繁に会えていたのに途中から会う回数が減ったりすることもあるようです。
そういう、不倫相手と会えない時に注意するべき事を考えてみたいと思います。

 

 

なぜ会えないのか

まず、なぜ不倫相手と会えないのかについて考えてみましょう。
例えば週末などは彼は家庭に戻ってしまうので、会えなくなることは必然だと思います。

 

メールもできないことが多いので、多くの女性が不満に思ってしまうポイントでもありますが、ここは我慢が必要です。

 

最初から相手が既婚者であることは分かっていたはずなので、ここで彼を責めてはいけません。

 

彼が頭を切り替えて家庭に戻っているのと同じように、あなたも気分を変えて過ごしていく方が無難でしょう。

 

けれどそれ以外の理由で会えなくなった場合には、注意が必要です。

 

もしかして、飽きられた?

彼が会えないと言う理由は家庭だとしても、最初の頃に比べると格段に会う回数が減った、思っているよりも全然会えないというような場合には注意が必要です。

 

そういった場合、彼は「家庭」を隠れ蓑にしてあなたを避けているということも考えられます。

 

不倫の最初のうちは気持ちも新鮮で彼もやる気を出してくれていたと思いますが、その新鮮さが減ってしまって
彼の態度が変わってしまうということもありえますので、見極めが必要です。

 

週末でもないのに家庭を理由に会えない、最初の頃よりも明らかにこちらに時間を使ってくれなくなった場合には、
もしかしたら飽きられてしまったのかを疑ってみた方がいいと思います。

 

マンネリ化した場合

彼から飽きられてしまって会えなくなった場合、それでも彼はあなたと別れようとはしないで、家庭を理由に会う回数を減らす
ようになるでしょう。
けれどそうやってマンネリ化してしまった不倫は、あまりいいことがありません。

 

奥さん以外の女性をキープしておきたいというだけの男性の勝手な願いに振り回されることはありません。

 

不倫をしているとあなたにも確実にリスクはありますので、なぜ会えないのか、きちんと聞いてみる方がいいでしょう。

 

おわりに

「週末だから」などという理由で会えない場合には、不倫だから仕方がないと割り切った方がいいでしょう。
突発的な家庭の用事なども同じです。

 

あまり重い女にならないように、こちらも気分転換をして明るく過ごしましょう。

 

あなたが不倫を続けていきたいと思っているなら、ここが意地の見せ所でもあります。
けれどもし、彼が家庭を理由にして会う回数を減らしているようなら、不倫の関係を見直す時期かもしれません。

不倫体験談