奥さんとエッチしてる?不倫相手とセックスの頻度、回数が減った原因と対策

不倫関係の大部分を占める要素「セックス」。
言い換えれば、そこで愛を確かめているのかもしれません。

 

しかし最近、回数が減ってきた・・・。
そうなれば心配ですよね。

 

不倫関係でセックスの回数が減ってくるのは、何を意味しているのでしょうか?

 

 

あなたに甘えている

大人の男性は大変です。
仕事と家庭を両立させなければいけないのですから。
そこへ来て、あなたとのお付き合いがスタート。
予想するだけでも、相当なスタミナが必要だと分かります。

 

付き合い始めはそれでもテンションが上がって頑張れたでしょう。
しかし関係が長くなるにつれ、それも落ち着いてきます。

 

これは「マンネリ」というより、「甘え」です。
あなたにはサービスしなくても許してもらえる。
彼はそう考えているのかもしれません。

 

疲れている彼を癒してあげられるのは、セックスだけでしょうか?
社会で戦って疲れた彼を労わる方法は他にもあるはず。

 

労わり、励まし、話をよく聞いてあげて下さい。
ストレスが減り、疲れが少しでも軽くなれば、また彼も元気を取り戻すでしょう。

 

 

機能的な問題

男性の「性」はとてもデリケート。
ストレスや心配事などでも簡単に機能が衰えてしまいます。

 

最近よく耳にする「ED」ですね。
「加齢」が原因だと思われがちですが、実は他にも要因があります。

 

それがストレス。
若い人の間にもEDが広がっている理由はそこにあります。

 

彼は最近、仕事がハードだと言っていませんでしたか?
部署を異動した、大きなプロジェクトを任された、など。

 

それが原因で、機能的に低下してしまったのかもしれません。
しかしそんな事、女性には打ち明けられませんよね?

 

だからそれとなくセックスを後回しにしているのかも。

 

 

彼が疲れていそうだと感じたら、体の関係は一時封印。
ゆっくりマッサージなどをして、心と体をほぐしてあげましょう。
ストレスを取り除くと、機能は正常になる場合もあるのです。

 

 

心が満たされている

不倫と言えども恋愛。
「一緒にいてほっとする」
「話がすごく合う」

 

そう思ってお付き合いしている人もいるでしょう。
好きな相手との会話が楽しめると、心が潤いますよね。
体の関係よりも充実感を感じられる場合だってあるのです。

 

セックスの頻度は減ったけれど、連絡の回数は変わらないのであれば心配ナシ。
相手はむしろあなたを「不倫相手」から「恋人」に昇格させたのです。
回数よりも「質」を重視していけば良いでしょう。

 

 

おわりに

いつも不安を抱えた不倫関係。
だからと言って、あなたが暗い顔をしてばかりではいけません。

 

「一緒にいて安らげる」
そう思ってもらえるように、まずはあなたが元気になりましょう!

 

 

 

不倫体験談